第10問 主語と述語の非対応で恥をかかないための秘訣


主語と述語の非対応で恥をかかないための秘訣

問題

(  )に入る言葉として適切な言葉はどれでしょう?

・そら豆の一つの鞘からは、その大きな外見からは想像しにくいのですが、2~3粒の豆しか(   )。

  1. 入っていません
  2. 採れません
  3. ありません

解説

話をしたり、文章を書いたりしていると、一文の中にあれもこれも盛り込みたくなることがありますよね。

それ以前の言葉の補足をしたかったり、何か気の利いたことを言いたかったりするときにありがちなことですが、あれこれ盛り込んで文が長くなるほど、主語と述語の対応などが難しくなってきます。

「そら豆の一つの鞘からは、2~3粒の豆しか」という具合に、ダイレクトに豆の数の続けば、おそらく多くの人が迷いなく「採れません」と結ぶと思います。

しかし、「鞘からは」の後に、「その大きな外見からは想像しにくいのですが」というフレーズを挿入すると、途端に分かりにくくなるんですよね。

「一つの鞘からは入っていません」「一つの鞘からはありません」という言い回しはおかしいと、理解しているにもかかわらずです。

このような失敗は、一文を短くして複数に分けることで防げます。

例えば、お題の文であれば

「そら豆の一つの鞘からは、2~3粒の豆しか採れません。
鞘があんなに大きいのに意外です。」

などという具合です。

主語と述語の非対応や、係り受けの誤りは、受け手に拙い印象を与え、不信感を招くことすらあります。

文章であれば、人に見せる前に推敲することができますが、話し言葉の場合は、口から出てしまえばそれで終わりですので、一文を短くするように心がけてましょう。

ということで、「そら豆の一つの鞘からは、その大きな外見からは想像しにくいのですが、2~3粒の豆しか(   )」の(  )に入るものとして適切なのは、2「採れません」でした。

ちなみに、「入っていません」「ありません」で結びたい場合は、冒頭を「一つの鞘からは」ではなく「一つの鞘には」とするのが適切です。

スポンサードリンク

正解

2

このページの先頭へ

ブログパーツ w badge --> ript" SRC="http://pranking5.ziyu.net/js/mainichi.js" charset=shift_jis>

このページの先頭へ

ブログパーツ w badge --> tml>