第2問 さ入れ言葉


さ入れ言葉

問題

次の文の[ ]中の部分が、誤った言い方であるのはどれでしょう?

  1. 明日もここに[来させ]てください。
  2. もっと早く[走らさせ]てほしいんだけどなあ。
  3. 晩ご飯くらいゆっくり[食べさせ]てよ。
  4. あとでその本、私にも[読まさせ]てくれない?
  5. ちょっとごめん、彼を[通らさせ]てあげてね。

(日本語検定公式模擬・練習問題集より 改題)

解説

「走らさせる」「読まさせる」「通らさせる」は、日本語の乱れのひとつとして取り上げられることがある、いわゆる「さ入れ言葉」です。

動詞を「人に?をやらせる」という意味の形にするときに「せる」のみをつけるべきところ、「さ」を入れて「させる」をつけてしまっているので、「さ入れ言葉」の名がつきました。

ちなみに「れ足す言葉」というまちがいのパターンもあります。それについては、また後日とりあげますね^^

さて、「走る」「読む」「通る」の「人に?をやらせる」という意味の形は、正しくは「せる」をつけた「走らせる」「読ませる」「通らせる」です。

一方、「来させる」「食べさせる」には「させる」がついていますが、これらは正しい言い方であるとされています。

さて、では、「させる」をつけるべき動詞と、「せる」をつけるべき動詞の区別をどうすればいいでしょうか?

じつは、とても簡単なチェック方法があるんです^^

前回の「ら抜き言葉」のときと同様、それぞれの動詞に「ない」をつけて、「?しない」という意味の形にしてみてください。

「させる」をつけるべきとされている動詞「来る」「食べる」に「ない」をつけると、「来ない」「食べない」となります。

さて、「ない」の上の音は、どうなっているでしょう。それぞれ「こ」「べ」。オ段、エ段の音です。

では、一方「せる」をつけるべきとされている動詞「走る」「読む」「通る」はどうでしょうか。これらに「ない」をつけると「走らない」「読まない」「通らない」となります。

おや、「ない」のすぐ上の音が「ら」、「ま」、「ら」と、すべてア段の音になっていますね。

もうおわかりでしょうか。「せる」をつけるべきか「させる」をつけるべきどうかのチェック方法、ここは単純に 「ない」をつけてみて、「ない」の上の音がア段になる動詞には「せる」をつけると憶えてしまってください。

日常会話や日本語検定対策のためであれば、この原則を押さえておけばOKです。

あれ?どっちかな?と迷ったときには「ない」をつけてチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

正解

2,4,5

このページの先頭へ

ブログパーツ