第13問 「当たり年」の意味


「当たり年」の意味

問題

「当たり年(当り年)」の使い方として適切なのはどちらでしょう?

  1. 「また台風が近づいているそうです。今年は台風の当たり年ですね」
  2. 「今年がワインの当たり年となるといいですねえ」

解説

「当たり年」には、「農作物の収穫物の特に多い年」「ものごとが順調に進んでいて幸せな年」という意味があり、「桃の当たり年」「転職に成功したり、彼女ができたり、今年は君の当たり年だね」などというように用います。

台風や事故など、望ましくないことについて「当たり年」というのは適切ではありません。

「当たり年」でYahoo! 検索してみたところ、ほとんどの記事では、適切に使われているようでしたが、1つこんな記事を見つけました。

『2倍にぎやか…今年はセミの「当たり年」? 』(7月25日 産経新聞)

大阪市立大の調査によると、今夏は、セミの出現が昨年の約2倍にのぼると予想されるという記事です。

セミについて「当たり年」を使うのが正しいかどうかは、人によって相対的に変わってくるんでしょうね。

「セミが多い=夏らしくていい」と考える人にとっては「セミの当たり年」は適切で、「セミが多い=うるさくて嫌だ」と考える人にとっては、適切ではないということになりましょうか。ちなみに私は後者です。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ