第30問 「話のさわり」の意味


「話のさわり」の意味

問題

「話のさわり」の使い方が適切なのはどちらでしょう?

  1. 話のさわりに、当時の時代背景から申し上げましょう。
  2. いよいよ話のさわりだというときに、邪魔されて憤慨した。

解説

「話のさわり」というときの「さわり」は、浄瑠璃用語で「 曲中で最も聞きどころ、聞かせどころとされている部分」を指します。

それが転じて、「話の中心となる部分、聞かせどころ」、「演劇・映画などの名場面、見どころ」を意味するようになりました。

よく、「物話の導入部、最初の部分」という意味で用いられますがそれは本来の意味ではありません。

ただ、文化庁が実施した「国語に関する世論調査」によると、6割以上の人が「さわり」の意味を「話の最初の部分」であると回答したそうです。

よって、人から、「あの映画、僕も今度、彼女と観にいこうと思っているんだよね。ちょっと、さわりの部分だけ教えてくれない?」

とたずねられたときに、「さわり」を本来の意味で使って、クライマックスの部分を教えてしまうと、下手すればその人との関係性が断たれてしまう可能性があります。

まさに変化の真っ最中という言葉ですので、取扱いには注意が必要でしょうね。とりあえず、「さわり」の本来の意味は「聞かせどころ、見どころ」であると押さえておいてください。

ということで正解は、イ「いよいよ話のさわりだというときに、邪魔されて憤慨した」でした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ