第34問 「歴任」の正しい意味と使い方


「歴任」の正しい意味と使い方

問題

「歴任(れきにん)」の使い方が正しいのはどちらでしょう?

  1. 彼は、財界の重要なポストを歴任してきた人物だ。
  2. わが社の社長を歴任してきた方々が一堂に会する。

解説

「歴任」は、「次々に各種の官職に任命されて勤めてきたこと」という意味を持つ言葉です。「数々の大臣職を歴任する」「重要なポストを歴任する」などと用います。

ひとりの人が、A社の社長、B社の会長…などのように、次々に色々なポストについた場合に使う言葉ですね。

「わが社の社長を歴任してきた方々」というように、ひとつのポストについたことがある複数の人々を指して「歴任」を使うことはありません。

それを言うならば、「わが社の歴代の社長が」というように、「何代も経てきていること、それぞれの代」という意味を持つ「歴代(れきだい)」を使うべきでしょうね。

あと、「歴」を使った言葉には、「身分・地位などの高い人々」を指す「歴々(れきれき)」があります。多く「お」をつけて「お歴々」とし、「わが社の社長をつとめたお歴々が」などと用います。

ただ、「お歴々」は少し皮肉のこもった言い方ですので、公の場では使わないほうがいいでしょうね^^;

ということで、「歴任」を正しく使っているのは1、「彼は、財界の重要なポストを歴任してきた人物だ」でした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ