第35問 「めったやたら」と「やたらめったら」


「めったやたら」と「やたらめったら」

問題

(   )には「数量・度合いなどがむやみに多かったりすること」という意味の言葉が入ります。適切なのはどれでしょう?

・ブログに記事を(   )に書きまくっていたら、思いがけず読者が増えた。

  1. めったやたら
  2. やたらめったら
  3. やたらめたら

解説

「やたら」には「秩序や節度のないようす、筋が通らないようす」という意味があり、「やたら(と)強調する」「やたら(に)寒い」などと用います。同じ意味を持つ言葉には、「むちゃくちゃ」「むやみ」「みだり」があります。

「やたら」は、漢字で書くと「矢鱈」ですが、これは単なる当て字で、意味はありません。

「めった」には、「軽率であるようす」「並大抵」「むやみ」という意味があります。「軽率であるようす」という意味では「めったなことを言うものではない」、「並大抵」という意味では「めったなことでは驚かない」などと用います。

「むやみ」という意味では、単独で用いられることはあまりなく、「めった打ち」「めった切り」などのように他の語と合わせて用いられることがほとんどのようですね。

「めった」は漢字で書くと「滅多」ですが、これも当て字です。

さて、ここまでお読みになって、こう思った方もいらっしゃると思います。

あれ?じゃあ「めったら」「めたら」って何?

実は「めったら」「めたら」という言葉はなく、「やたらめったら」「やたらめたら」という言葉もありません。

「考えもなく手当たり次第に何かをしたり、数量・度合いなどがむやみに多かったりすること」を意味するのは「めった」と「やたら」がくっついた「めったやたら(滅多矢鱈)」です。

「やたらめったら」という言い回しはよく耳にしますが、おそらく「めったやたら」の「めった」と「やたら」の順番が入れ替わって「やたらめった」となってしまったところに、語調を整えるために「ら」が付いてしまったというところでしょうか(私見です)。

「やたらめったら」の方が勢いがあり、めちゃくちゃな様子がより伝わってくるのでいいような気もしますが、辞書的には「めったやたら」が正解です。どっちかな?と迷ったときには「滅多矢鱈」という漢字を思いだしてください。

ということで、正解は1「めったやたら」でした。

スポンサードリンク

正解

1

このページの先頭へ

ブログパーツ