第54問 早期の内定出しは「青田買い」?「青田刈り」?


早期の内定出しは「青田買い」?「青田刈り」?

問題

(   )に入る言葉として適切なのはどれでしょう?

優秀な人材確保のために(   )をする

  1. 青田買い
  2. 青田刈り
  3. どちらでもよい

解説

「青田買い(あおたがい)」は、「青田(まだ稲の実っていない青い田んぼ)の時期に、その田の収穫量を見越して先買いすること」、「青田刈り(あおたがり)」は、「実らないうちに稲を刈り取ること」という意味をもつ言葉です。

「青田買い」が、稲が青い段階ではお金を払うのにとどまるのに対し、「青田刈り」は稲が青い段階で刈ってしまうんですね。

と、このように異なった意味をもつ「青田買い」「青田刈り」ですが、どちらも二次的な意味として、「企業が人材確保のため、卒業予定の学生の採用を早くから内定すること」を持っているそうです。

したがって、お題の「優秀な人材確保のために(   )をする」の(   )内にはどちらが入ってもいいということになります。

一般的に、企業が早い段階で学生に内定を出すことは「青田買い」と言っても「青田刈り」と言ってもいいとご記憶ください。

ただ、青い段階で刈られちゃった稲って、使い物になるんでしょうか?

なんてことを考えると、企業の人材確保のためには将来性を見越して買って成熟を待つという「青田買い」の方がふさわしいような気はします。

スポンサードリンク

正解

3

このページの先頭へ

ブログパーツ