第16問 「制作」「製作」「政策」の意味の違い


「制作」「製作」「政策」の意味の違い

問題

【 】の中の言葉を漢字にしたばあい、適切なのはどれでしょう?

私の担当は、社のホームページの【セイサク】です。

  1. 制作
  2. 製作
  3. 政策

解説

ウ「政策」は「政府・政党・企業などが、その目標達成のための手段としてとる特定の方法」という意味をもつ言葉です。

「モノをつくる」という意味はありませんので、皆さんこの肢はすぐ切ることができたのではないでしょうか。

問題なのは「製作」か「制作」か、ですよね。

さてさて、辞書で調べてみたところ、

「制作」には「芸術作品などを作ること」という意味がありました。「絵画の制作」「卒業制作」などというように、創造性を発揮してモノを作る場面で使われるようです。

他方、「製作」には「道具や機械などを使って品物を作ること」という意味があることがわかりました。「機械部品の製作」などというように、実用的なものを量産する場面で使われるようです。

お題の場合、作るモノは自分の会社のホームページです。これは、創造性を発揮して、ひとつのモノを作る場面ですので、「制作」と言ったほうが適切でしょうね。

ということで、正解はアでした。

同じホームページでも、大勢の顧客からホームページ作りを受注し、機械的につくっているような場合は、「製作」と言っても差し支えないかもしれませんね。

実際、「ホームページ制作」「ホームページ製作」を、それぞれYahoo! で検索してみたところ、検索結果数は「ホームページ制作」が241万件、「ホームページ製作」が113万件と、どちらも幅広く使われているようです。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ