第32問 気になるあの娘は「高値の花」?「高嶺の花」?


気になるあの娘は「高値の花」?「高嶺の花」?

問題

【  】内を漢字にしたものとして、適切なのはどちらでしょう?

秘書課の彼女は、僕にとっては【たかね】の花だ。

  1. 高値
  2. 高嶺

解説

1「高値(たかね)」は、文字通り「値段の高いこと」を表す言葉です。「取引市場で一定期間のうちでついた最も高い値段」を意味することもあります。「日経平均が最高値を更新した」などと用います。

一方、2「高嶺(たかね)」は「高い峰、高い山の頂」を意味する言葉です。「富士の高嶺」などと用います。

「高嶺の花」とすると、「高いところに咲いている花」という意味になり、「見えてはいるが手の届かないもの、とうてい自分のものにはできないもの」の例えとなります。

一般に、男性が、とうてい自分とはつきあってくれなさそうな美女を指したり、また、男女問わず、自分の経済力では手に入れることができなさそうな高級品を指したりするときに使われるようです。

「所詮、彼女は高嶺の花だ」

「ブルガリの時計は私にとって高嶺の花だ」

といった具合です。

人気バンド”ケツメイシ”が「高値の花」というタイトルの曲を歌っていたり、「うなぎ、庶民の高値の花に」などというニュース記事があったりしますが、本来の表記は「高嶺の花」ですので、ご注意ください^^

ということで、正解は2「高嶺」の花でした。

スポンサードリンク

正解

2(なお、「高嶺の花」の「高嶺」は「高根」とも書きます)

このページの先頭へ

ブログパーツ