第20問 自分の行為に「御(お、ご)」をつけるのは間違い!?


自分の行為に「御(お、ご)」をつけるのは間違い!?

問題

敬語の使い方が適切なのは、どちらでしょう?

  1. 私は通信業の会社にお勤めしています。
  2. 私は通信業の会社に勤めています。

解説

相手の「勤め」という行為を言うときに、「お勤め先はどちらですか?」と表現するのは適切ですが、自分の「勤め」を「お勤め」と表現するのは不適切です。

自分の行為をあらわす名詞には、原則として「御(お、ご)」はつけません。

例外的に、自分の行為に「御(お、ご)」をつけてよいのは、「3日以内にお返事を差し上げます」「先日のお手紙でご報告をいたしましたとおり」「私からご説明をさせていただきます」の「お返事」「お手紙」「ご報告」「ご説明」などのように、その行為が、立てるべき相手に向かっている場合だけです。

「勤め」という行為が向かっている先は、自分の会社です。社外の人と話しているとき、自分の会社は立てるべき対象ではありませんよね。よって、「お勤めしています」というのは不適切になるわけです。

自分の行為に「御(お、ご)」をつけるべきかどうか迷ったときは、その行為が誰に向かっているのかを考えてみてくださいね。

ということで、正解はイでした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ