第7問 電話相手の名前の聞き方


電話相手の名前の聞き方

問題

次の文のうち、敬語の使い方が最も適切なのはどれでしょう?

【オフィスの電話応対で、相手の名前をたずねるとき】

  1. 失礼ですが、お名前をお申しいただけますか?
  2. 失礼ですが、お名前を頂戴できますか?
  3. 失礼ですが、お名前をお聞かせいただけますか?

解説

ア「お申しいただく」は、「言う」の謙譲語「申す」を「お~いただく」という尊敬語の形にあてはめたもので、誤用。

謙譲語は、敬意をあらわすべき相手に対して、自分の行為を下げて言うときに使う言葉です。相手の「言う」という行為を「申す」といってはいけません。

イ「お名前を頂戴する」、これは、たまに聞く言い回しですね。しかし、「頂戴する」は「もらう」の謙譲語です。「名前をもらう」というと違和感がありますよね。よって適切とは言えません。

ということで、ウの「お聞かせいただけますか」が最も適切。「お聞かせいただく」は、自分の「聞く」という行為を「お~いただく」という謙譲語の形にしたものです。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ