第9問 「紹介する」の尊敬語


「紹介する」の尊敬語

問題

敬語の使い方が適切な文はどれでしょう?

  1. 課長が朝礼でご紹介した本を読んで感動しました。
  2. 課長が朝礼でご紹介になった本を読んで感動しました。
  3. 課長が朝礼でご紹介いただいた本を読んで感動しました。

解説

ア「ご紹介する」は、「紹介する」を「ご~する」という謙譲語の形にあてはめたものです。

「紹介する」のが自分であり、例えば、「きょうは最近私が読んだ本をご紹介します」などというのは適切ですが、このお題の場合、「紹介する」のは上司である課長です。上司の行為について謙譲語を使っては不適切です。

ウ「ご紹介いただく」は、「紹介する」を「ご~いただく」という形にしたもので、やはり謙譲語です。よって、ア同様不適切です。

「ご紹介いただく」を使うのが適切なのは、「自分が目上の人に何かを紹介してもらう」という行為を指すときです。例えば、「課長からご紹介いただいた本を読んで感動しました」などという言い方は適切です。

ということで、「紹介する」を「ご~になる」という尊敬語の形にあてはめた「ご紹介になる」を使ったイが正解でした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ

ブログパーツ