第21問 寸暇を惜しまず?寸暇を惜しんで?


寸暇を惜しまず?寸暇を惜しんで?

問題

(  )に入る言葉として、正しいのはどちらでしょう?

・プレゼンに向けて(   )準備をする

  1. 寸暇を惜しんで
  2. 寸暇を惜しまず

解説

「寸暇(すんか)」とは、「ほんの少しの空き時間」を意味する言葉です。ほんの少しの空き時間も無駄にせず、何かに励む状態を「寸暇を惜しむ」といい、「寸暇を惜しんで勉強をする」などと用います。

2のように「寸暇を惜しまず」というと、空き時間を無駄に費やす=ダラダラするということになり、全く逆の意味になってしまいます。

会社などで、上司から仕事の進捗状態をきかれた際に、「寸暇を惜しまず準備中です!」などと言ってしまうと怒られること必至ですので、ご注意ください。

このような誤用が生まれたのは、「努力を惜しまず」というフレーズや、「苦労や面倒をいやがらず」という意味を持つ慣用句「骨身を惜しまず」との混同があったからではないかと言われています。

「寸暇」は「惜しむ」ものであると、憶えてしまってくださいね。

ということで、正解は1「寸暇を惜しんで」でした。

スポンサードリンク

正解

1

このページの先頭へ

ブログパーツ