第15問 「おいそれと」の意味


「おいそれと」の意味

問題

「おいそれと」の使い方が正しいのはどちらでしょう?

  1. この限定品のバッグは、おいそれと手に入るものではないのよ。
  2. 社長がお呼びだというので、おいそれと社長室にかけつけた。

解説

「おいそれと」には「簡単に、すぐに」という意味があり、多く否定の言葉「ない」とセットで使われます。

「おいそれと」の語源は、「おい」と言われて「それ」とすぐに示すことだという説があります。

つまり、この場合の「それ」というのは、ものごとを指し示す「これ・それ・あれ・どれ」の「それ」なんですが、「それ」を勢いをつけるときの掛け声「それ!」と勘違いしたことから、イのような使い方がされるようになったのではないでしょうか(私見ですが)。

「おいそれと」には、「すぐに」という意味はあっても「急いで」という意味はないこと、また「ない」とセットで「おいそれと~ない」と使うと憶えておけば、このような誤用は防げるかと思います。

ということで正解は、アでした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ