第18問 「ともすると」の意味


「ともすると」の意味

問題

「ともすると」を適切に使っている文はどちらでしょう?

  1. 上司が休暇中なので、ともすると雑談に花が咲いてしまいがちだ。
  2. この流れ具合なら、ともすると渋滞にひっかからずに帰れるかもしれない。

解説

「ともすると」は、「なりゆきのままに放っておくと、その傾向が助長されやすいこと」という意味を持つ言葉で、「ともすると初心を忘れがちだ」などというように使います。「ともすれば」とも言います。

よくない傾向について使うのが一般的で、イの「渋滞にひっかからずに帰れる」のように望ましいことについて使うのは、適切ではありません。「ともすると」と似た意味を持つ言葉に「ややもすると」があります。

ところで、きょうは辞書をひいていて途方にくれました。

「ともすると」を大辞泉でひいたらこんな結果が出たんですよ。

[副]どうかすると。場合によっては。ややもすると。ともすれば。

で、これじゃ本質的な意味がわからんというので、「どうかすると」を調べると「場合によると」と出てくる。

「場合によると」で調べると該当する言葉はありませんと言われる。

仕方がないので「ややもすると」でひいてみると「ともすると」と出てくる。

どうすればいいんでしょうねえ、これは。。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ