第26問 「三つ巴」の意味


「三つ巴」の意味

問題

「三つ巴(みつどもえ)」を正しく使っているのはどちらでしょう?

  1. 3匹の犬たちが、三つ巴状態でお互い牽制しあって動けずにいる。
  2. 三人の有力な候補者が三つ巴の戦いをくりひろげている。

解説

「三つ巴(みつどもえ)」には、「勢力がほぼ同等の三者が入り乱れて争うこと」という意味があります。「三つ巴の乱戦」などというように用います。

先日、安倍晋三首相の辞任表明を受け、自民党総裁候補であった麻生さんと福田さんと額賀さんが「三つ巴」の戦いをくりひろげていると報道されていたことは、記憶に新しいですね(注:元の記事は2007年に執筆されました)。

アのように、三者がお互い牽制しあって動けずにいる状態をあらわす言葉としては「三すくみ」がふさわしいでしょう。

「三すくみ」の三とは、なめくじと、蛇と、蛙のことです。

中国の古典『関尹子』に「螂蛆食蛇、蛇食蛙、蛙食螂蛆、互相食也」(なめくじは蛇を、蛇は蛙を、蛙はなめくじを食う)という文章があり、これが「三すくみ」の語源といわれています。

ということで、正解はイでした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ