第37問 「酒池肉林」の意味


「酒池肉林」の意味

問題

「酒池肉林」の本来の意味として、正しいのはどちらでしょう?

  1. 女性がたくさん同席している酒宴
  2. 食べ物がふんだんにある酒宴

解説

「酒池肉林」とは、酒や食べ物がふんだんにある贅(ぜい)を極めた酒宴のことです。中国の歴史書「史記」の「酒を以て池となし、肉を懸けて林となす」という一節が語源です。

「酒を以て池となし」というのは例えではなく、本当に酒の池があったとする説が有力で、中国最古の王朝・殷(いん)の都があった河南省の遺跡で発見された石造りの人工池が、それではないかといわれています。

池はの大きさは、長さ約130メートル、幅約20メートル、深さ1・5メートルというのですから、想像すると素晴らしい、いや、すさまじいものがありますね。

また「肉を懸けて林となす」は、肉の塊をたくさん吊るすことです。

「肉」という字はエロティックな意味合いで使われることもありますので、「肉林」というと薄物を着た美女がずらりと並んでいる様子などをイメージしがちですが、「酒池肉林」の「肉林」は食用の肉がたくさんあること、転じて酒の肴がたくさんあることです。

ということで正解は2「食べ物がふんだんにある酒宴」でした。

現代においては、さしずめ食べ放題飲み放題の宴会というところでしょうね。忘年会シーズン、クリスマスシーズンですので、「酒池肉林」を満喫なさってるかたも多いかと存じますが、食べすぎ飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

スポンサードリンク

正解

2

このページの先頭へ