第39問 暮れは「押し詰まる」?「押し迫る」?


暮れは「押し詰まる」?「押し迫る」?

問題

(  )内に入る言葉として、より適切なのはどちらでしょう?

・27日にもなると、いよいよ暮れも(  )感がありますね。

  1. 押し詰まった
  2. 押し迫った

スポンサードリンク

解説

「押し詰まる」は、「事態・時間などに余裕がなく、目前に迫る」「年の暮れに近づく」という意味をもつ言葉です。

「情勢が押し詰まる」「今年もいよいよ押し詰まった感がある」などと用います。

他方、「押し迫る」は「まぢかに迫る」という意味を持つ言葉です。「締め切りが押し迫る」などと用います。

「押し迫る」も「押し詰まる」も、ある事や時期が迫ってくる状態を指すという点では共通していますが、「押し詰まる」の方がより余裕のない状態を指し、また、単独で「年の暮れに近づく」ことを意味することから、

「27日にもなると、いよいよ暮れも(  )感がある」

の(  )に入るのは1「押し詰まった」の方がより適切ではないかと思われます。

ただ、辞書によっては「暮れも押し迫った28日」という用例を掲載していたり(大辞泉)しますので、「暮れも押し迫る」と言っても間違いではありません。

ちなみに、NHKでは、
「暮れも押し迫る」= 暮れに近くなる
「暮れも押し詰まる」= 暮れの中でも、その終わりに近くなる
と使い分けているそうです。

「押し迫る」でも間違いではありませんが、ギリギリの状態であることを強調したいときは「押し詰まる」の方が効果的であると、ご記憶ください。

スポンサードリンク

正解

1

このページの先頭へ