第43問 せわしい毎日は「あわただしい」?「あわだたしい」?


せわしい毎日は「あわただしい」?「あわだたしい」?

問題

(  )に入る言葉として正しいのはどちらでしょう?

・起業をして、(  )日々を送っている友人に会った

  1. あわただしい
  2. あわだたしい

スポンサードリンク

解説

「落ち着かなくせわしいようす」をあらわす言葉についての問題です。「あわただしい」と「あわだたしい」。ちなみに私は高校生くらいまで誤った方を使っており、恥をかいた経験があります。さて、正解はどちらでしょう?

1「あわただしい」は「慌しい」と書きます。「慌」という漢字は「てる」と送りがなをつけると「慌(あわ)てる」となり、「うろたえる」「急いで何かをする」という意味になりますが、「しい」と送りがなをつけると「慌(あわただ)しい」となるんですね。

「落ち着かなくせわしいようす」の意味では「慌しい毎日」などと用います。また、「慌しい」には、「状況の移り変わりが急で、一定しないようす」という意味もあります。「経済界の慌しい動き」などと用います。

さて、では2「あわだたしい」はどういう意味なのかと申しますと、そんな言葉はありません。にもかかわらず、私が過去に「あわただしい」を使っていたのは、以下のような思考の流れをたどったからです。

あれ?「あわただしい」「あわだたしい」どっち?

  ↓

そうだ漢字で書いてみよう!

  ↓

「あわただしい」は、「あわ」が「泡」を連想させる。「だたしい」は「立たしい」と書ける。

  ↓

「泡立たしい」=「あわだたしい」が多分正解だろう。泡が立つくらいばたばたしている、ってことで意味も通るし。

  ↓

その点、「あわただ」って漢字でどう書くのか分からないよな…うん、やはり「あわだたしい」が正解だ!

とまあ、そんな流れだったのですが、残念ながら「あわただ」にはちゃんと「慌」という漢字があり、正解は「あわただしい」だったのでした。

ということで正解は1。「泡立つ」から「あわただしい」のではなく「慌てる」から「あわただしい」のだとご記憶ください。

スポンサードリンク

正解

1

このページの先頭へ