第49問 「汚名返上」と「名誉挽回」の意味の違いと使い方


「汚名返上」と「名誉挽回」の意味の違いと使い方

問題

(  )に入るものとして適切なのはどれでしょう?

・今度こそ頑張って、汚名を(  )しようと思う。

  1. 返上
  2. 挽回

スポンサードリンク

解説

「返上(へんじょう)」は、「返すこと」「受け取らないこと」という意味の言葉です。「タイトルを返上する」「休日を返上して働く」「汚名を返上する」などと用います。

他方、「挽回(ばんかい)」は「失ったものを取り戻して、もとの状態にすること」という意味の言葉です。

「勢力を挽回する」「遅れを挽回する」「名誉を挽回する」などと用います。

「汚名を挽回する」では、「不名誉な評判を取り戻す」ことになってしまいます。

例えば、いわゆる「やんちゃ」だった人が、昔の悪仲間から「お前もすっかり丸くなっちまったな」などと言われて奮起し、ふたたび悪の道をひた走り、悪い評判を取り戻す、などという状況は、「汚名挽回」と言っていいのかもしれません。

しかし、失った信用を取り戻すという意味で「汚名を挽回する」と言うのは、一般的には誤用とされ、間違った日本語の代表格とされています。

通常、挽回するのは「名誉」で、「汚名」は「返上する」または「そそぐ」ものです。ということで、正解は1でした。

「名誉挽回」と「汚名返上」を混同しないよう、くれぐれもご注意ください。

スポンサードリンク

正解

1

このページの先頭へ