第19問 「要綱」「要項」「要領」の意味の違い


「要綱」「要項」「要領」の意味の違い

問題

【 】の中の言葉を漢字にしたものとして、より適切なのはどちらでしょう?

検定試験の募集【ヨウコウ】を取り寄せる

  1. 要綱
  2. 要項

解説

ア「要綱」とは、「要約した大綱(ある事柄の根本となるもの)」のことで、「大切な事柄をまとめたもの」を意味します。

「市町村の開発指導要綱」「委員会設置要綱」などと用います。

主に、お役所が事務処理を進めていく上での指針・基準をあらわすときに使われているようですね。

イ「要項」には「大切な事柄、必要な事項、また、それを記した文書」という意味があり、「試験の募集要項」などと用います。

「募集要綱」と言っても間違いというわけではありませんが、「要綱」の「要約した大綱」という意味から考えると、単に試験の日時、申し込み方法などを記した文書を「要綱」というのは、ちょっと大げさなような気がしますね。

ということで、正解はイ「要項」でした。

ちなみに「要項」「要綱」とよく似た言葉に「物事の最も大事な点、要点」という意味を持つ「要領」があります。

「要領」も、お役所が事務処理を進めていく上での指針・基準をあらわすときに使われているようですが、「要綱」よりは細かいものを指すことが多いようです。

「要領」は「要項」とほぼ同じように使っても差し支えなく、「募集要領」という言い方も幅広く用いられています。

要綱 > 要項、要領

とイメージしていただければ、使い分けしやすいかと思います。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ