第27問 正しいのは「肝に銘ずる」?「肝に命ずる」?


正しいのは「肝に銘ずる」?「肝に命ずる」?

問題

(  )に入るものとして、正しいのはどちらでしょう?

・二度と忘れ物をしないように、強く肝に(  )。

  1. 命ずる
  2. 銘ずる

スポンサードリンク

解説

「肝に銘ずる(銘じる)」は「心に深く刻みつけて忘れない」という意味の慣用句で、「社会人の常識と肝に銘ずるべし」 などと用います。「肝に命ずる(命じる)」という表記をよく見かけますが、これは誤用です。

おそらく、「銘ずる」よりも「命ずる」の方が日常生活ではるかに使用頻度が高いので「めいずる」といえば「命ずる」を連想してしまうことと、「肝に命ずる」=「心に言いつける」ということで、「忘れないように努力している」という意味にとれないこともないことから、このような誤用が生じたと思われます(私見です)。

ちなみに「銘ずる」という言葉は、それ自体、「心に刻む」という意味を持っています。「銘」を使った言葉には、「心に刻み込んでいる戒めなどの言葉」という意味を持つ「座右の銘(ざゆうのめい)」があります。

ということで、正解はイ「銘ずる」でした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ