第40問 みみざわりは「耳障り」?「耳触り」?


みみざわりは「耳障り」?「耳触り」?

問題

【  】内を漢字にしたものとして、正しいのはどちらでしょう?

・【みみざわり】のよいことばかり言う人は信用できない。

  1. 耳障り
  2. 耳触り

スポンサードリンク

解説

「障り(さわり)」は、「さしつかえ、じゃま」あるいは「体の具合などに悪い影響を与えることやもの」という意味を持つ言葉です。

前者の「さしつかえ、じゃま」という意味で「障り」を使った言葉には「差し障り」があります。「差し障りがございまして」などと、ビジネスの現場でもよく用いられますね。

後者の「体の具合などに悪い影響を与えることやもの」という意味で「障り」を使った言葉には、「耳障り」があります。

「聞いて気にさわったり、不快に感じたりすること」という意味で、「目覚ましの音が耳障りだ」などと用いられます。

他方、「触り(さわり)」には、「さわること、触れた感じ」という意味があります。「触り」は、多く他の語と組み合わされ、「~触り(ざわり)」という形で使われます。

「手触り」「肌触り」「舌触り」などという言葉は、日常でよく用いられますよね。

「耳触り」とすると「聞いたときの感じや印象」という意味になります。「耳触りのよい言葉」などと用いられます。

「耳障り」も「耳障り」も、同じ「みみざわり」という音を持ち、音や言葉を聞いた印象について語るときに使われる言葉ですが、「耳障り」にはすでに「悪い、不愉快」という評価が入っていますので、「よい・わるい」と組み合わせて使うことはできません。

他方「耳触り」は、単に「触れた感じ」をあらわす中立的な言葉ですので、「よい・わるい」と組み合わせて使うことができます。

ということで、「【みみざわり】のよいこと」の【  】を漢字にしたものとして適切なのは、2「耳触り」でした。

「耳障り」= 聞いた感触が悪い

「耳触り」= 聞いた感触

とご記憶ください。

スポンサードリンク

正解

2

このページの先頭へ