第22問 「ご存じ」と「存じ上げる」の正しい意味と使い方


「ご存じ」と「存じ上げる」の正しい意味と使い方

問題

敬語の使い方が適切なのはどちらでしょう?

  1. 社長はこのことをご存じなのでしょうか。
  2. 社長はこのことを存じ上げているのでしょうか。

スポンサードリンク

解説

社長の「知っている」をどう表現するかというお題です。

「存じる」 は「知る」「思う」の謙譲語です。「私はそのことについては存じませんが」「お変わりなくお過ごしのことと存じます」などと用います。

さて、ここで「では、お題の選択肢はどちらも間違いでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

そうですね。謙譲語にいくら「お」「ご」をつけたり「~れる」などの尊敬表現の形にあてはめたりしても、駄目だということをいつもお話ししていますよね。

しかし、「存じる」は特別なのです。

「存じる」を「ご(お)~だ」という尊敬表現の形にあてはめて「ご存じだ」とすると、「知る」の尊敬語になります。「社長は、事の経緯をすべてご存じだ」などと用います。

では、「存じ上げる」はどうなのかというと、これは「存じる」同様「知る」「思う」の謙譲語なのです。「私はそのことについては存じ上げませんが」「お変わりなくお過ごしのことと存じ上げます」などと用います。

謙譲語なので社長の「知っている」について使ってはいけません。

ちょっとややこしいですが、「ご存じだ」は尊敬語「存じ上げる」は謙譲語とご記憶ください。

ということで、正解はアでした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ