第23問 「いる」の尊敬語と謙譲語


「いる」の尊敬語と謙譲語

問題

敬語の使い方がもっとも適切なのは、1~3のうちどれでしょう?

【取引先に電話をして、担当の部長を呼び出してもらう際に】

  1. 松田と申しますが、石橋部長はおられますでしょうか。
  2. 松田と申しますが、石橋部長はいらっしゃいますか。
  3. 松田と申しますが、石橋部長はいらっしゃられますでしょうか。

解説

取引先に電話をして、担当の部長さんがいるかどうかを尋ねる場面です。さて、部長さんの「いる」を、どう表現するべきでしょうか。

1「おられる」は、敬語「おる」を尊敬の表現「~れる」にあてはめたものですが、これは不適切です。というのも、「おる」は敬語は敬語でも、自分の「いる」を下げて言う表現、すなわち謙譲語なんです。

取引先の部長さんの「いる」を「おる」と言ってはいけません。尊敬の表現「~れる」にあてはめても同様です。「いる」の尊敬語は「いらっしゃる」です。

では、ともに「いらっしゃる」を使っている2と3、どちらが適切でしょう。2は、単に「いらっしゃいますか」と言っており、3は「いらっしゃられますか」と言っています。一見、3の方が丁寧で適切なようにも思えますね。

ところが、3は不適切なんです。

「いらっしゃられる」は、尊敬語「いらっしゃる」を、さらに尊敬の表現「~れる」にあてはめたもので、いわゆる二重敬語と呼ばれるものです。

敬語は、使いすぎても失礼にあたるので、気をつけてくださいね。

ということで、2「松田と申しますが、石橋部長はいらっしゃいますか」が正解でした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ