第26問 相手の希望や意向を尋ねる際の敬語表現


相手の希望や意向を尋ねる際の敬語表現

問題

上司に飲み物の希望をたずねる場合、より適切なのはどちらでしょう?

  1. 部長は、何をお飲みになりたいですか。
  2. 部長は、何をお召し上がりになりますか。

解説

「飲む」のは部長ですので、「飲む」を尊敬語であらわす必要があります。1「お飲みになりたいですか」の「お飲みになる」は「飲む」を「お~になる」という尊敬表現の形にあてはめたもので、適切な尊敬語です。

他方、2「お召し上がりになりますか」の「お召し上がりになる」、これは、上位の人が飲食するようすをあらわす尊敬語「召し上がる」を、更に「お~なる」という尊敬表現の形にあてはめたものです。「お召し上がりになる」は尊敬表現を2つ重ねたもののわけですね。

通常重ねた敬語表現は「二重敬語」と呼ばれ、誤った敬語表現とされています。しかし、「お召し上がりになる」は、すでに一般的に定着した敬語表現として許容されており、誤りとはいえません(文化審議会「敬語の指針」平成19年2月)。

ということは、部長に飲み物の希望をたずねる場合、「お飲みになりたいですか」「お召し上がりになりますか」どちらで表現してもよいということになりそうですね。

確かに、敬語として正しいかということであれば、1、2どちらも正解です。

しかし、問題はたずね方にあります。2が「飲みますか」と尋ねているのに対し、1は「飲みたいですか」と尋ねています。

じつはこの1が不適切。上位の人に対して、その願望を直接問うのは失礼とされているので、「~たいですか」という問いかけは禁物なんです。

ということで、上司に飲み物の希望をたずねる場合により適切なのは、2「部長は、何をお召し上がりになりますか」でした。

ちょっと今回は、日本語というよりもマナーのお話になってしまいましたねが、上役の人とも飲食する機会が多いこのシーズンですので、あえて取り上げてみました。

スポンサードリンク

正解

2

このページの先頭へ