第16問 胸三寸に納める?胸先三寸に納める?


胸三寸に納める?胸先三寸に納める?

問題

(  )内に入る言葉として適切なのはどちらでしょう?

君が犯したのは重大なミスだが、今回は(  )におさめておくよ。

  1. 胸三寸
  2. 胸先三寸

スポンサードリンク

解説

「胸三寸」とは「胸のうち、心の中にある考え」を意味する言葉です。「胸三寸におさめる」「胸三寸に畳む」で「心の中にしまい込んで、顔にも言葉にも出さないでいる」という意味になります。

「胸先(むなさき)」は、「胸のみぞおちのあたり、むなもと」を指し、「刃物を胸先につきつける」などと用います。「胸先三寸」には「心の中にある考え」という意味はありません。

「株の上げ下げは大手企業の胸先三寸」「患者を生かすも殺すも医師の胸先三寸」などの表現をよく見かけますが、それは誤用です。

胸元に迫っているようすを指して「胸先三寸に迫る」ということがあること、また「口先だけでうまく相手をあしらうこと」という意味を持つ言葉に「舌先三寸」というものがあることから、何らかの混同が起こったと思われます。

「胸のうち、心の中にある考え」を意味するのは「胸三寸」です。どうぞお間違えなきよう。

ということで、正解はアでした。

スポンサードリンク

正解

このページの先頭へ