第20問 「喧喧囂囂」の意味と読み方


「喧喧囂囂」の意味と読み方

問題

【  】内の漢字の読みとして正しいのはどちらでしょう?

・社内分煙の問題をめぐって【喧喧囂囂】の議論が巻き起こった

  1. けんけんがくがく
  2. けんけんごうごう

スポンサードリンク

解説

「喧喧(けんけん)」は、がやがやして騒がしい様子を意味することばです。

「囂囂」は、口々にうるさく言いたてる様子を意味します。「囂囂たる非難の声」などと用います。読みは「ごうごう」です。

「喧喧囂囂(けんけんごうごう)」で大勢の人がやかましく騒ぎたてる様子、という意味になります。「会議が紛糾して喧喧囂囂たる状態」などと用います。

ということで、正解は2「けんけんごうごう」でした。

ここで、あれっ?でも「けんけんがくがく」ってよく聞くよ?と思われた方もいらっしゃるでしょうね。

確かに「けんけんがくがく」と言う言葉も、あるにはありますが、その場合には「喧喧諤諤」と書きます。

ただ、この「喧喧諤諤」は、「喧喧囂囂(けんけんごうごう)」と「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」とが混同されてできた語なんです。

「喧喧諤諤(けんけんがくがく)」を、「大勢の人がくちぐちに意見を言って騒がしい様子」という意味で、載せている辞書もありますが、誤用とされる場合も多い言葉です。

ちなみに「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」は、正しいと思うことを堂々と主張する様子や、盛んに議論する様子をあらわす言葉です。「侃侃諤諤と意見をたたかわす」 などと用います。

「喧喧囂囂(けんけんごうごう)」が、単にやかましく騒いでいる状態を指すのに対し、「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」は、活発に議論をしている状態を指すわけですね。

ただ、「侃侃諤諤」には「騒がしい」というニュアンスはありません。

じゃ、大勢の人が口々にものを言って騒がしいんだけど、単に騒いでいるだけではなく、ちゃんと意見を出し合っている状態、これ、どう言うの?

そこで生まれたのが「喧喧諤諤(けんけんがくがく)」だったのかもしれません。そう思うと、誤用として切って捨てるのもしのびないような気がしますね。

スポンサードリンク

正解

2

このページの先頭へ