第31問 土壇場でラッキーなのは「窮するれば通ず」?「貧すれば通ず」?


土壇場でラッキーなのは「窮するれば通ず」?「貧すれば通ず」?

問題

(  )に入るものとして適切なのはどちらでしょう?

・土壇場になってみると、意外といいアイデアが浮かんでくるものだ。(  )すれば通ずとは、このことだね。

スポンサードリンク

解説

1「貧(ひん)」は「まずしいこと」を意味します。

「貧」を使ったことわざには、

「貧の盗みに恋の歌」(貧乏になれば盗みもするし、恋になやめば歌もよむ。人間は必要に迫られれば何でもするものだ)

「貧は世界の福の神」(貧乏が人を奮起させ、他日の幸福をもたらすことからすれば、貧乏は福の神であるともいえる)

「貧すれば鈍(どん)する」(貧乏すると、世俗的な苦労が多くなり、才知がにぶったり、品性が下落したりする)

などがあります。

他方、2「窮」は、穴の中に身をおく形で 身体を屈曲する状態をあらわす漢字です。せまいところに押し込められた状態を「窮屈(きゅうくつ)」と言いますよね。

転じて、「窮」は行き詰まったようすをあらわすのにも用いられます。「窮乏にあえぐ」「窮地に立たされる」「窮鼠猫をかむ」、そして「窮すれば通ず(きゅうすればつうず)」などと使います。

「窮すれば通ず(きゅうすればつうず)」。事態が行きづまって困りきると、かえって思いがけない活路が開けてくるものである、という意味を持つことわざです。

ということで、お題の「(  )すれば通ず」にあてはまるのは2「窮」でした。

「貧」「窮」は、「貧すれば」「窮すれば」のように、ともに「すれば」を後につけることができる漢字ですが、「すれば鈍する」のが「貧」で「すれば通ずる」のは「窮」です。

語感が似ていますので、混同しないようにご注意ください。

スポンサードリンク

正解

2

このページの先頭へ