> > > > > > > > > > > >

第35問 論争の火蓋は「切る」?「落とす」?「切って落とす」?


論争の火蓋は「切る」?「落とす」?「切って落とす」?

問題

(   )に入る語句として適切なのはどれでしょう?

彼の発言がきっかけとなり、論争の火蓋が(   )。

  1. 切られた
  2. 落とされた
  3. 切って落とされた

解説

日本史の授業や戦国時代のドラマなどでおなじみの武器に「火縄銃」がありますよね。「火筒」、または最初に伝来した土地の名前から「種子島」とも呼ばれる小銃です。

「火蓋(ひぶた)」とは、その火縄銃の一部で、起爆薬を盛る「火皿」を覆うフタのことです。火縄銃を発射するためには、火蓋を開いて火皿の起爆薬に火縄で点火するという操作をします。

火蓋を開くことを「火蓋を切る」といいます。火蓋を切ったということは、銃の発射の準備をしたということ、すなわち戦いのはじまりということで、「火蓋を切る」は、現在では「戦いや競争を開始する」という意味で使われています。

「選挙戦の火蓋を切る」「論争の火蓋が切られた」などと用います。

「火蓋を落とす」「火蓋を切って落とす」という言い回しは、誤用。おそらく「火蓋を切る」と「はなばなしく物事を始める」という意味の「幕を切って落とす」との混同があったものと思われます。

ということで、「論争の火蓋が(   )」の(   )に入るものとして適切なのは、1「切られた」でした。

「論争の火蓋が切られる」「論争の幕が切って落とされる」と言うことはできても、「論争の火蓋が落とされる」「論争の火蓋が切って落とされる」と言うことはできないとご記憶ください。

スポンサードリンク

正解

1

このページの先頭へ